So-net無料ブログ作成
検索選択

丁寧に断る 英語フレーズ [memo]

英語で何か言われると、
わからなくてもとりあえずYESと言ってしまう人が多いようです。

では、
聞き取りができたとして、
スピーキングが苦手だと、NOと単語だけ言ってしまいそうです。

日本語では、
年下が年上を呼ぶとき、○○さん。○○先輩と、
名前の後ろに何かしらつけ、敬語ですよー。丁寧ですよー。
としていますが、

アメリカ等イングリッシュスピーカーは、
年下が年上を呼ぶとき、名前をそのまま言います。

丁寧な言い回しは存在しないのか?
とも思いますが、丁寧な言葉遣いは存在します。

今回勉強したのは、「丁寧な断り方」
●I’m afraid I can’t --
・申し訳ないのですが、--できません

●I’m sorry, but I couldn’t possibly --
・お気持ちはありがたいのですが、---わけにはいきません。
・申し訳ないのですが、---できません。




これらは、日常的に使われるそうなので、
ぜひ覚えたい。

ちなみに、これらを自分が言われた場合は、
no worries. ---
心配ないよ。--

と。
nice!(175)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 175

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。